たかこの日記帳

自転車とお絵描きと日常?

MARVEL フェイズ1

お久しぶりです、たかこです。

 

もうすぐ「スパイダーマン: ホームカミング」が上映されますね!

f:id:Scobia7:20170714154351j:image


ということで今回は今や日本でも人気となっているアメコミ映画「MCU (マーベルシネマティックユニバース)」の記事です。
(以下MARVELで)

f:id:Scobia7:20170714154824j:image

 

MARVELで有名といえばアイアンマンやスパイダーマン等がありますが、この何本もあるMCUの映画すべて共通世界という設定なんです!

 

アイアンマンやスパイダーマンが作品の枠を超えて一緒に戦ったりするのです。
1つ1つの完成された作品のキャラクターが共闘するというのはとても迫力があります!

 

このMCUの作品は共通世界と言いましたが、それは「フェイズ」として上映順、そして物語の区切りで分けられています。


フェイズ」として観るとより楽しむことが出来るはず!

 

ではここからフェイズに分けて作品を紹介していこうと思います。

 

「フェイズ1」

 

1.「アイアンマン」

f:id:Scobia7:20170714160216j:image
大金持ちでプレイボーイのトニー・スタークは悲惨な戦場で自分の会社が開発する武器が使われていることを目の当たりにする。
悲惨な現状を目にし改心したトニーはエネルギー装置"アーク・リアクター"とパワードスーツ"アイアンマン"を開発し、戦争を拡大させようとする悪と戦う。

この作品では後々の作品に繋がるジェームズ・ローズ(ウォーマシン)とS.H.I.E.L.Dの長官ニック・フューリー、捜査官フィル・コールソンが登場。

 


2.「インクレティブル・ハルク」

f:id:Scobia7:20170714160957j:image
超人を作り出す(超人血清)研究をしていたブルース・バナー博士は自らの肉体を使い実験を行った。しかし、実験は失敗しブルースは緑の怪物(ハルク)へと変化した。ハルクへと変化する原因である怒りを抑える修行を行いながら軍の追っ手から逃れるブルースは元の姿に戻る事ができるのか…

f:id:Scobia7:20170714162057j:image

ハルクは巨体でパワーがある為、戦闘シーンは実にダイナミックで迫力があります。

この作品のエンドにはトニー・スタークが登場。ハルクを追いかける軍のロス将軍にある計画を伝える。

 


3.「アイアンマン2

f:id:Scobia7:20170714161048j:image
アイアンマンの2作目。
トニー・スタークが自らがアイアンマンであると公表して半年。
「スターク・インダストリーズ」のライバル会社「ハマー・インダストリーズ」の社長ジャスティン・ハマーとスターク家に恨みをもつイワン・ヴァンコに戦いを挑む。
同時にトニーのカラダを蝕む脅威から助かる事が出来るのか。

f:id:Scobia7:20170714162141j:image

 

本作ではジェームズ・ローズが「ウォーマシン」として登場。更に秘書としてブラックウィドウことナターシャ・ロマノフが登場。フューリーと共にある計画を進めている。

一方、コールソンは新しい任務「砂漠に落ちたハンマー」の調査に向かった。


最近発表された情報として、終盤でアイアンマンが救うアイアンマンのマスクを着けた少年。彼が「スパイダーマンことピーターパーカーの少年期」であると発表された。

 f:id:Scobia7:20170714162252j:image


4.「マイティ・ソー

f:id:Scobia7:20170714162617j:image
雷を操り無敵のハンマーを持つ「ソー」は神の世界では最強と言われていた。しかしその性格は横暴で傲慢であり、ソーの父オーディンから神々の世界アスガルドから追放されてしまった。
ソーが追放され降り立った地は地球(ミッドガルド)。追放され力を失ったソーは天文物理学者のジェーン・フォスターやエリック・セルヴィグ博士らと共に行動するうちに自身の行動を反省していく。ソーを恨み貶めようとする悪しき弟ロキとの戦いに挑む。

この作品にはソーのハンマー「ムジョルニア」を調査する者としてコールソン、外敵から守る弓の名手「ホークアイ」が登場する。

f:id:Scobia7:20170714162935j:image

今作で初めてMCUの重要なアイテム「インフィニティストーン」の1つである「4次元キューブ」が登場した。

 


5.「キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー」

f:id:Scobia7:20170714163054j:image
時代は第二次世界大戦のアメリカ。
青年スティーブ・ロジャースは誰よりも強い正義の心を持っていたが、虚弱な体格である為兵士になれずにいた。
しかしエイブラハム・アースキン博士と出会った事でその正義感を買われ「スーパーソルジャー計画」に参加することとなった。スーパーソルジャー計画で「超人血清」を使ったスティーブは最強の超人兵士「キャプテンアメリカ」となった。世界征服を目論むヒドラとの戦いが始まった。

物語のラスト長い眠りから覚めたキャプテンアメリカからアベンジャーズへと続く。

今作でも「4次元キューブ」が登場し敵であるレッドスカルはその力によって様々な武器を生み出している。

f:id:Scobia7:20170714163135j:image

キャプテンアメリカを作り出した「超人血清」とはインクレティブル・ハルクでブルースバナーが再現し作り出そうとしていたものである。

また今作で登場したハワード・スタークは「アイアンマン」のトニー・スタークの父親である。

スティーブの恋人ペギーカーターは「エージェント・カーター」としてドラマ化しているのでこちらも是非チェックしていただきたい。

f:id:Scobia7:20170714163222j:image

 

 

6.「アベンジャーズ

f:id:Scobia7:20170714163315j:image
第6作目でフェイズ1の最後である「アベンジャーズ」。
アイアンマンの誕生から次々と生まれたスーパーヒーローたち。
地球外からやってきた世界の脅威にヒーローが集まり1つのチームとなる。

ソーの弟ロキが地球外の軍団チタウリを地球に呼び寄せる。
フューリー長官率いるS.H.I.E.L.Dはこの事態にスーパーヒーローを招集。スーパーヒーローチーム「アベンジャーズ」計画を実行する。
地球外からの脅威にスーパーヒーロー達は世界を守る事が出来るのか。


「インクレティブル・ハルク」でトニーがロス将軍に伝えた計画や「アイアンマン2」でナターシャ・ロマノフが調査していたりと、この「アベンジャーズ計画」へと繋がっていた事が明らかとなった。
S.H.I.E.L.Dが世界を守る為に裏で色々と手を回していたのだ。

 

今作でインフィニティストーンの1つ「4次元キューブ」の強大な力について分かったのではないだろうか。
インフィニティストーンは全部で6つあり、それぞれ強大な力を持っているがコレはまたの機会にしよう。

 f:id:Scobia7:20170714163433j:image

 

ここまでが「フェイズ1」である。
フェイズ1」の集大成にしてすべての作品のスタートである。

次回は「フェイズ2」について書いていこうと思う。

それではまた!!